bullterrier-rilucbull.com

30歳猫好き主婦、みんなに猫屋敷といわれ

はじめまして。4匹の猫たちに囲まれながら在宅勤務をするという最高な職場環境ではたらく30歳の主婦でございます。
私が4匹もの猫たちを養おうと思った経緯をお話しします。
まずは、結婚する前の8年前某ボランティア団体に掲載されていたスコティッシュフォールドの猫ちゃんがいました。私はその写真をみて心奪われました。もう大人猫でしたが、そんなの関係ありませんでした。小さいころから猫と暮らすのが夢で、絵をかいたり猫グッズを集めていました。そんなときに出会ったのがスコティッシュフォールドのまろでした。早速会いにいきました。オスなので彼が連れてこられました。い草のいい香りをした茶色の彼はまさに私の理想の猫でした。ボランティアの方にもこの子は初めて猫を飼う人でも大丈夫だよ。と言ってもらいそのまま連れて帰りました。初日から一緒に寝て、ゲージに入れてもいいと言われましたが、わたしはほぼ人間と同じように過ごさせました。彼はとてもやさしくなつっこく最高でした。たくさんおやつも買って服も買い、6年の時がながれました。結婚してこどもが生まれても彼は変わりなく優しかったです。そんなあるとき、旦那の会社で子猫3匹が生まれてお母さん猫が死んでしまったと聞いたのです。最初は迷いましたが、可愛そうなのでうちにつれてきてと言いました。3引き里親を探すつもりで毎日排泄、ミルクのお世話をしていました。2匹は里親がきまり、1匹がのこりました。もう可愛くて手放したくなかったので結局買うことにしました。そして1年後今度はまた会社で5匹子猫が生まれて、お母さんが1週間帰ってこないといわれました。このままだと死んでしまうので、つれてきました。さすがに5匹の世話は大変だったのですが、その中に真っ黒の子猫がいました。私も旦那も子供も黒猫が気に入ってしまい、そのまま飼うことにしました。そしてその1か月後また会社で1匹だけ子猫がけがをしているといわれました。もう買うのは無理だよといいながら連れてくると、見たこともない珍しい毛色の可愛くてうつくしい子猫でした。また心奪われてしまい、4匹も増えてしまったとゆうのです。2匹目を飼うハードルは高かったのですが、それ以降はハードルが低くなり、4匹も増えました。トイレ掃除は大変ですが、可愛くて幸せです。

コメントは受け付けていません。