bullterrier-rilucbull.com

45歳愛犬を溺愛しすぎて自分の私生活がやばい

こんにちは、子供の頃からずっと動物と暮らしてきました。

最初のペットは団地住まいの為インコでした。
それから一軒家に移り、代々柴犬を飼っています。
初代は時代もあった為、庭につないで飼っていましたが
現在3代目になる柴犬は家の中で飼っています。
どの子達も全力で愛してきましたが、溺愛しすぎているのはこの3代目の柴犬です。

この柴犬ムーちゃんには一目で心を奪われ、子犬のころから溺愛しています。
それはもう周囲が引くくらいに。

溺愛エピソードその1

自分のスキンケアにかけるお金を削り、ムーちゃんのケア用品にまわす。
「柴犬のくせにそんな手入れはいらないだろう!」と昔人間の親戚に笑われましたが
シャンプーはオーガニック、ブラシは肌にやさしいもの、ドライヤーもムーちゃん専用。
歯ブラシ、歯磨き粉は私の使っているものの数倍はしますが愛のため迷わず購入。
自分の髪はボサボサでも、ムーちゃんのお手入れは欠かしません。
毎日艶出しスプレーとブラッシング、歯磨きでお口のケアをしています。
もちろん赤ちゃん言葉で褒めに褒めながら!誰かに見られたら恥ずかしくて死ねるぐらにはやばいです。

溺愛エピソードその2

寝具は毎日ふかふか清潔に!
ムーちゃんのベッド、クッション、タオルケット等は毎日天日干しでふかふか。
こまめな洗濯もかかしません。
自分の布団は湿っていても、ムーちゃんの気持ちよく眠る寝顔の為に天日干し。
周囲にはあきれられていますが、ムーちゃんの為ならなんてことはありません。

溺愛エピソードその3

できるだけ外出は最低限に!
直帰は基本、旅行はムーちゃんが来てから行っていません。
躾に失敗したといえばそうかもしれませんが、私が出かける時の鳴き声を聞くと胸が痛くて。
買い物も極力ネット通販、スーパーは競歩で無駄な動きを一切見せずに素早く買い物を済ませます。
お留守番のご褒美は必ず買って帰り思いっきり留守番できた事を褒めます。
そして空いた時間はできるだけムーちゃんの散歩をのんびりとします。

自分で書いていてとても自分が心配になってきたのでこのへんにしておきます。
良識のある愛犬家の方は真似をしないでくださいね。

コメントは受け付けていません。