bullterrier-rilucbull.com

41歳男、いつのまにか溺愛していました!

私は今、現在41歳になる男性会社員なのですが、以前に溺愛しすぎたペットの犬がいました。ことの始まりは友人から犬を貰ったのでした。正直、元々それほど犬は好きではなく興味もありませんでした。しかし、その友人がペットを買えないマンションに住んでいた為、私が貰うことになったのです。そして、私も貰った以上は大切にお世話しようと思い、毎日散歩やご飯をあげていました。貰った当所はまだ子供だったのですが、気かつけばあっという間に大人へとなりました。そして、相も変わらず毎日私と犬は仲良く暮らしていたのですが、ある時私が出張で家を空けた時が1日だけあったのです。勿論、一緒に連れていく訳にもいかなかったのでエサだけをしっかりと置いていったのでした。そして、出張から帰るや否や私は家へと帰ると、ドアを開けた瞬間飛び付いて来たのでした。私も嬉しさのあまり思いっきり抱き締めてやったのです。すると、ワンワンと泣き出し、私は散歩に連れていって欲しいのだと思ったので、早速近くの公園へと行ったのでした。そして、しばらくして家へと戻りまたいつものように二人で過ごしたのです。また、私はその時に改めてペットを飼っていて良かったと思いました。何故ならば、やはり家に一人で寂しくいるよりペットが居るだけでどれだけ楽しいかと言うことを感じたのでした。そして、それからはそんなことを思った私にはもうペットは欠かせない存在にまでなっていたのも実感したのです。ですので、それからは毎日が更にペットとの関係を深くしていったのです。いつもの散歩やご飯は勿論のこと、遠出も一緒に過ごすようにしたのでした。車に乗せ何処へでも一緒に出掛けるようにしたのでした。そして、やがて寿命により死んでしまったのでした。私はいつのまにか溺愛しすぎていた為、しばらく何も手につきませんでした。ただただ毎日が悲しくてたまりませんでした。死んで初めて溺愛していたことを悟ったような気がしました。

コメントは受け付けていません。