bullterrier-rilucbull.com

50歳女性溺愛しすぎて愛犬が肥満に 

50代の主婦ですが、子供が独立したのを機に念願の犬を華族として迎えいれました。
生後3ヶ月で、ペットショップでフレブルを見つけてこの子しかいないと思い購入しました。
実際に家で一緒に生活してみると、あまりにも可愛くってつい甘やかしてしまい犬を怒ることが出来ませんでした。
悪戯をしてもその悪戯をしている姿も可愛く、愛犬はどんどんやんちゃになって行きました。
しかし、甘え上手でもあり甘えて来るので可愛くって仕方がなくいろいろなおもちゃを買ってあげたりしてついつい溺愛してしまっています。
おもちゃも、可愛いおもちゃがあると愛犬に飼ってあげたくなりどんどん増えてしまいました。
おやつも、可愛くってしかたがなくついおやつを買ってしまい与えていました。
そのせいか愛犬の体重が、どんどん増えて行きました。
愛犬は、フレブルのせいか力が強く散歩に連れて行くといつも走り出してこっちが逆に引っ張られている感じで散歩も大変でした。
しかも走った後に、体力がないのですぐにバテてしまい帰り道には犬が座り込んでしまいます。
そんな姿さえ可愛く、いつも帰り道は犬を抱っこして帰っていました。
そんな散歩を続けていたせいか、前半は走って後半は抱っこというスタイルの散歩になってしまいました。
子犬の時には、まだ体重が軽かったので良かったですが成犬になり体重が13キロにもなってしまい、抱っこして歩くのも一苦労という状態になって行きました。
こんなことなら、子犬の頃から歩いて帰らせる習慣をつけておくべきだったと今更ながら後悔しています。
しかも、おやつの与えすぎもあり動物病院で肥満だと先生から注意されるようになりました。
今は可愛いからこそ、長生きさせるためにダイエットをさせています。
今からペットを飼う人は、きっとペットを飼い始めると可愛くって仕方がなく甘やかしてしまうと思いますが、あまりにも溺愛し過ぎてしまうと困ったことが起きてしまうので、しっかりとしつけもして下さい。

コメントは受け付けていません。